スマートに生きる、楽しく幸せに人生を生きるコンテンツ・フルマラソン完走法・フィットネス情報・テクノロジー系のネタを配信するブログです。

ハルミルブログ

未分類

【疲労回復】疲れ切っているときは休む勇気も必要です【倒れたら大損失になります】

投稿日:


毎日仕事や運動、自己学習を頑張っているあなた。

時に、疲れ切ったり、体調が悪くなったりすることはありませんか?

その時には、


【素直に休んで、回復後に頑張るようにしましょう】


このことはとても大事になります。

この時に続けても、体調が限界まで悪くなったときに倒れると、回復に長時間かかってしまうからです。



ハードトレーニングをされている方はよくわかると思います。

毎日のハードトレーニングを毎日積み重ねていくことにより、


・筋肉破壊

→休養

→超回復

→少しパワーアップした状態でまたループ


基本的にはこのような流れになります。

ランニングでいうと、5km走れたときに、これを続けていくと、少しずつ走れる距離が伸びていって、10km走れるようになっていきます。


その一方で、精神や身体はどんどん消耗していきます。

栄養や休養はしっかりとっていて、回復速度をあげることで、なるべくいい状態で翌日にトレーニングできることは可能ですが、限界はどうしてもあります。


その時に、例えば


・肉離れをおこしてしまうなど、故障してしまう

・超やる気になっている反動で、うつみたいな状態になってしまう


事が起きてしまいます。

そうなると、いつもの回復とは比べ物にならないくらいの時間がかかります。

すると、当然今までの積み重ねがなくなってしまい、当然筋力もガクンと落ち込んでしまいます。

15km走れるようになっていたのに、いざ故障から回復して走りだしたときに、5kmでヘトヘトになってしまうパターンになります。


かなり疲れているな、と思ったときには、素直に従って、休む勇気をもって、しっかりと休むようにしましょう。

1日や2日では、大きな損失にはならず、むしろ超回復が進んで、一時的に休むことによって、一気に回復します。


そうなると、よりハードトレーニングができるようになって、心身ともに充実していきます。

当然疲れはしますが、質のいい、心地いい疲れです。


精神的な疲れの比重が多くなっていることが違う感じで、趣味でも学習でも、本質的には同じです。

そのため、疲れた時には、勇気をもって休むようにしましょう。

毎日の積み重ねもとても大切なことですが、これは毎日の健康が土台になります。

あなたの土台が崩れかけているときは、しっかりと休んで治すようにしましょう。

治して再開することが、あなたのパフォーマンスアップにつながっていきます。


-未分類

Copyright© ハルミルブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.