スマートに生きる、楽しく幸せに人生を生きるコンテンツ・フルマラソン完走法・フィットネス情報・テクノロジー系のネタを配信するブログです。

ハルミルブログ

未分類

スクーター選びの秘訣【150cc・250cc、そしてある車種がおススメです】

投稿日:

二輪免許を持っていて、バイクの楽しさや便利さを実感しているあなた。

僕はもうクルマにはのれません。

あまりにもバイクが便利すぎるからです。


そして、スクーターが欲しいなぁと思っているあなたに、スクーターはやはりおすすめです。

【シフトチェンジがいらなく、オートマで走れて、通勤や日常の足でも、のんびり走るのも、ツーリングにいけるのも、万能で使える乗り物です】


クルマと比べても維持費は1/10前後とけた違いに安く、とにかく気軽に乗れるので視野や行動範囲が一気に広がります。

関連記事:移動手段の最適解がスクーターである理由


さらに、選び方として、



・50cc

→制限が多く、魅力激減の50ccはお勧めできません。30km制限・2段階右折・常に高回転なのですぐ壊れます。




・125cc

→50ccの制限を完全になくし、道交法上でもクルマと同じ扱いとなったことにより、スクーターの鉄板であるクラスになっています。

50ccの2.5倍もの排気量があり、パワーにかなり余裕がでてきて、バイパスでも流れに乗れます。

小回りも効き、燃費も40km/L前後と、攻守ともに最高のコスパですね。

クルマもっていて、家族で複数台の125ccバイクを使っている方にお勧めです。

さらに、最大の弱点である【自動車専用道路・高速道路が走れない】というところが無縁であれば、最高の選択肢となります。

一方で125ccバイクが一台だけの場合はあまりお勧めできません。ファミリーバイク特約の費用は意外と高いです。僕の家族の契約では、年間約30,000円だったので、150cc以上で入る、単体で任意保険入る場合とそんなに変わらない費用でした。




・150cc

→125ccの車体を使いながら、+20%のパワーを持っていて、余裕ある走りができます。維持費も125ccとほぼ同じで、そのまま自動車専用道路・高速道路に乗れるので、利便性がさらに大きくアップしています。

125ccの弱点である【自動車専用道路・高速道路が走れない】というのが解消されていることが最大の特徴です。

燃費も125ccとほぼ同じで40km/L前後走る車種もあります。

僕の乗っていた上記のヤマハ【NMAX】は、だいたい平均して38km/L前後走ります。

だいたい85km/hまではすぐ到達するパワーがあります。

それ以降は緩やかに伸びていくパワー感ですね。

125ccの機動力をそのままに、バイパスも走りたく、高速道路にもたまに乗りたい!という方にお勧めです。




・250cc

→125cc/150ccと比べたらやはり大きく重いです。

一方でパワーに余裕があって、高速道路も余裕です。

シート下の容量や燃料タンクの量が大きく、安定性や乗り心地もかなりよくなり、やはり上質感がワンランク上になります。

また、クルマにあおられたり、横から抜かれることがほぼゼロになります。

やはり存在感がこのあたりから変わってくるので、対クルマという面でも、安全面で大きくアップするといえます。

僕の乗っている上記のヤマハ【XMAX】は、だいたい平均して32km/L前後走ります。

100km/hもすぐに到達してしまって、新東名高速の最高速度である120km/hでも巡行できる余裕があります。

普段からバイパスや高速道路に乗る方、また、ゆとりあるスクーターに乗りたい方にお勧めです。




さらに、僕がひそかにいいなと思っているスクーターがあります。

ホンダの【インテグラ】です!

https://www.honda.co.jp/INTEGRA/


生産終了モデルなのですが、何故か人気がなく、中古市場で激安になっているモデルです。

このスクーター?は、


・700ccのわりにパワーがない

・エンジンが回らない

・良くも悪くも中途半端


というところがおそらく不人気となっていると思います。

しかし、僕にとっては大排気量車でいえば、これ以上の魅力的な車種はありません。

総合的には、パワーと燃費、大きさすべてが【400cc + α】なのです!

まさに【バイクをスクーター風にしてみました】的なバイクで、ミッションも最先端の【DCT】を採用しています。

これは、簡単に言ってしまえば【シフトチェンジを不要にしたマニュアル】の機構です。

CVTのベルト駆動とは根本的に違って、ギアがしっかりとあって、自動で変速するオートマみたいな感じ。

遠心クラッチを採用しているカブは、クラッチ操作は不要で、ギアチェンジは必要、といったものともまた違います。

【クラッチ操作を不要にしたカブから、さらにギアチェンジも不要にしました】

というのがわかりやすいですね。


この機構と、スクーターのパーツを加えたことで、まさに【スクーティング・モーターサイクル】のコンセプトになっています。


燃費も27km/L走るし、パワーも文句なしなので、ハマる人にはハマるはずです。

ねらい目としては非常にいいと思うのですが、大型バイクとしてみたら、やはり魅力は低くなってしまったということなのでしょうか。


僕は現状乗っている250ccの【XMAX】がとても気に入っているのですが、親が定年退職するにあたり、クルマを一台にする関係から、僕のバイクを譲ることになりました。

なので、同居しているので今後もこの【XMAX】に乗ることはできるのですが、僕の専用バイクももまた必要になりました。

そのため、他の250ccは被るので買わない状況で、150ccかこのインテグラを狙っています。

インテグラの中古市場価格がとんでもなく安いので、これも本当におすすめかと思っています。

車検費用もクルマと違って安いですし、維持費も安いので、悩める選択肢になります。


今スクーターを検討しているあなたも、選択肢を広げていろいろなバイクを探してみるのもおすすめです。

排気量の違いとバイクの特性を踏まえて、探してみましょう。

スクーター一台で、あなたの人生が大きく変わります。

-未分類

Copyright© ハルミルブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.