スマートに生きる、楽しく幸せに人生を生きるコンテンツ・フルマラソン完走法・フィットネス情報・テクノロジー系のネタを配信するブログです。

ハルミルブログ

未分類

バイク移動と電車移動のコストの考察【一般道(無料自専道)≦在来線≦新幹線≦高速道です】

投稿日:


毎日仕事を頑張っているあなた。

さて、通勤以外の移動手段に、あなたは何を使用していますか?

車・バイク・バス・電車。

また、遠くに行くには、新幹線や飛行機もあり、古今、移動手段は非常に豊富にあります。

移動機会の多いあなたも、困ることはそうそうないと思います。


結論としては、タイトルのように、

【一般道(無料自専道)≦在来線≦新幹線≦高速道】

になるケースがほぼ当てはまります。


今回は、通勤は電車を使えば、通勤手当として会社が全額出してくれるので除外します。


プライベートで移動するにあたり、あなたは、移動に使うお金を考えたことはありますか?


僕がバイクもクルマも電車もバスも、あらゆる移動手段を経験してきて言えることは、


・バイク、特に125ccの一般道で行くのが最安

→純粋に【距離/燃費】になり、オイル・タイヤ交換費用も激安です


・バイクで高速道路を使って移動すると、在来線、電車で移動するより高くつく

→バイクは基本的に低燃費で、かつ軽自動車と同等の高速料金になるので、2割引きになります。

それを踏まえても、高速料金は高いので、在来線移動より高くつくケースがほぼほぼです。

更に言うと、時間も高速道と在来線で、そんなに変わりません。

つまり、高速での移動が最も費用対効果が悪いことになります。

1人で移動できる権利としての費用、と思うようにしましょう。

※箱根新道+西湘バイパス、など、無料+格安有料道などの合わせ技テクニックを使えば、相当安くなる場合もあります


・新幹線は、一見すると一番高く見えますが…

→最速で移動できる

→運転が不要のため、移動時間を活用できる

→原則定時運行のため、時間が遅れることがない

など、非常に多くのメリットがあります。

しかも、クルマのように、

・ガス代がかからない

・結果的に払うことになるオイル代、タイヤ代、もかからない

といった、わかりにくい費用も発生しないので、公共交通機関は非常にメリットのある移動手段といえます。


一方で、バイクでの移動も非常に便利です。

・駅まで悪かなければいけない、といった状況の際に、乗換先の駅に駐輪場があるケースならば、そこまでいけば非常に効率がいい

→そこに行くまでの道のりが超快適


のケースもあります。


僕は静岡県東部に住んでいて、よく東京に行くときに、

・最寄り駅に駐輪場がない

・東京方面にアクセスのよい小田原駅に駐輪場がある

・電車で小田原駅まで行くのには、乗り換えが発生して時間のロスになる

・小田原駅から東京方面にはコスパ最高の小田急線がある


という状況なので、

さらに快適になったR1+無料の自動車専用道路【箱根新道】にて小田原駅まで行って、そこでバイクを止めで、電車で行っています。


こういう合わせ技を使うことで、例えば思考停止して、【新幹線が便利でいいや】と思うのではなく、道中楽しみながら、かつ激安でいくのも大いにありと思います。

浮いた予算で、おいしいものを食べたり、飲んだりすればいいのです。


東京に限らず、ツーリングや旅に行く際にも大いに役立つ思考法だと思うので、アウトドアのあなたも、移動手段を一度考えてみてほしいです。


あなたが考え抜いたルートで行くことで、きっとその機会がものすごく充実して楽しくなるはずです。

-未分類

Copyright© ハルミルブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.